リモートワークもサクサクできる!作業スペース

こんにちは、ゆゆゆです。 今日は、我が家の作業スペースについてご紹介したいと思います。 (前回は洗面ボウルについて書きました。もしよければ、読んでいただけると喜びます!)

絶対に作ろうと決めていた作業スペース

家づくりをする際に、この部屋は絶対作ろうと思っていました。 理由は簡単。 パソコンなどを筆頭に、様々な機器や配線が視界に入るのを避けるためです。 作業スペース内なら配線でゴチャっとしても許される、そんな場所。 もちろん作業も心置きなくできます。 作業中、ごはんで中断なんて時は出しっぱなしでもOKです。 また、夫婦ともに自宅でパソコンを使って作業をする時間が多いので、このスペースは作っておかないと気を遣ってしまうという心配もありました。

急がず焦らず家の引き渡し後に作るのも大事

この部屋を作る際に、まず必要だったのは机でした。 既製品を買うか、オーダーで作るかなどを検討しまくりました。 ネットでも店頭でも、いろんな家具を見に行きました。 しかし、既製品にしっくりくる物がなく、というかサイズがなく、最終的に造り付けのカウンターデスクをオーダーすることに決めました。 オーダー家具はハウスメーカーさんへ依頼すると高額になってしまうため、入居のタイミングには間に合わないけど引き渡し後に自分たちで探した家具屋さんに工事してもらうことにしました。 木の家具を作っている家具屋さんなので、オーダーしたカウンターテーブルは家の雰囲気にも馴染み、肌触りがよくて気持ちがいいです。 作業部屋の写真 作業スペース全体の写真です。壁の一部は寝室にも使った、優しいグリーン。癒し。 更なる使い勝手を求めて、カウンターテーブル設置後しばらく経ってから、DIYで壁面に棚をつけました。 今はスピーカーやフィギアを飾ったりしています。 ティッシュなども置ける奥行にしたので、いざという時に鼻をかめて便利です。 アイアンの柵をつけ、ちょっとした落下対策もしています。 こういった棚を後からでもつけられるように、家中の壁あちらこちらに下地を入れていただいてますが、本当に入れててよかったです。 また、カウンターの下部は本棚になっており、見える場所にあまり置きたくないものを並べておくことができます。 足元なので、奥行には注意が必要ですが(足に当たる可能性あり)、作業スペースの背面だと奥行が狭くなる場合や地震の際に背の高い本棚だと心配な場合などにオススメです。 テーブルの土台にもなってくれているので、強度が増すのもありがたいです。 作業机の下にある本棚の写真 インテリアに馴染みづらい専門的な本はリビングに置きづらい…。

疲れにくいぞ、オカムラの椅子

オカムラの椅子の写真 椅子は、オフィス用チェア専門店で様々なメーカーの椅子を試した結果、オカムラのものを購入しました。 オフィスでも使われるような椅子なので、長時間の作業でも非常に疲れにくいです。 アームの高さや角度も変えられるので、腕を乗せて作業ができる位置に合わせられます。 頭部までしっかり支えてくれるので、軽くリクライニングさせて休憩までできちゃいます。そのまま寝ないように注意が必要! オフィスっぽいデザインなのでインテリアに合わないのではないかという心配もありましたが、そもそもここは他の部屋と雰囲気が違うことを承知の作業スペース。 座り心地重視で決めましたが、椅子の色を落ち着いたベージュにしたので重さも違和感もなく部屋と馴染みました。

空気の流れ、滞りなく

小さな空間なのでエアコンは設置しませんでした。(作業スペースの内寸は約172cm×227cm) しかし暑いのも寒いのも困るので、室内窓を設けて隣室のエアコンの風が入るようにしました。 障子でできた室内窓は隣の主寝室と繋がっています。 また、室内窓以外に窓もあるため、外からの空気も入ります。 寝室から見た作業部屋の写真 寝室側から見た作業スペース。この頃は壁面の棚がまだついていません。 ひとつだけ問題点があるとすれば、夜中誰かが作業をすると、寝室で寝ていても灯りが漏れるということです。 眩しいという程ではありませんが、真っ暗じゃないと眠れないよという方は寝室の建具が障子じゃない方がいいかもしれません。 けど、透け感のない室内窓にすると重たさが出てしまうので、見た目と機能のどちらを優先するか…むずかしい問題ですね…。 寝る時間は極力合わせているので、この問題の発生は稀なんですけどね。

おまけ

ディスプレイの台の写真 現在はディスプレイの下にキーボードなどを仕舞えるように台を作りました。これが結構便利です。板に板を乗せただけの簡易的なものですが…。そのうちネジで留めます。
作業スペースを作ってよかったこと
  • 「この部屋ならOK」とすることで他の部屋がスッキリ
  • 引き渡し後に仕上げてコスト削減
  • 足元本棚で見せたくない本をこっそり収納
  • オフィス用チェアで長時間の作業の疲れを軽減
  • 室内窓で空調管理し熱中症対策
  • 作業に集中できる